メインイメージ

最近の投稿

メーター改ざんに注意

オークションの中古車はメーター改ざんに注意


中古車を購入するというときには新車よりも注意しなければならない場合が多いです。というのは中古車というのは一度は人の手に渡ったものなので、当然に傷や故障がありますし、また元の所有者は普段の生活で目立たないようにとか売却時にマイナスとならないようにとかの理由で傷や故障を隠そうとします。中古車を購入するという場合では、購入後に問題が見つかったとしてもその責任として売主を追及することは原則としてできません。中古車ということは当然難燃化の使用感がありますので、明確に故障として発現していなかったとしても、使用するうちにだんだんとパーツにガタが生じているということが多いためです。そのため基本的に返金などはできません。

そのため中古車を購入するときは事前にどのような車なのかについて調べていることが新車以上に重要ということになってきます。その際にはメーター改ざんや色の塗り替えによって傷や使用年数をごまかしている場合に注意する必要があります。そうならないように整備手帳で整備の記録を確認したり、自賠責保険の保険証などで自己の記録を確認したりするようにしましょう。

オークションで購入するという場合にはもっと気を付ける必要があります。オークションでは遠隔地にいる者同士が契約を行って売買を行う場合が普通ですので、その情報のやり取りで誤解が生じないようにしていくことが必要となります。そのため相手が公開すべき整備手帳などの情報を公開していないときは、しっかりとそれらの情報を公開するように請求していきましょう。この程度であれば答えてくれるでしょうし、答えてくれないのであれば怪しい販売者として取引を行うことはやめましょう。

また販売店で購入するときには悪徳業者につかまらないようにしなければなりません。悪徳業者につかまるとどうしても悪質の車を買わせられます。そのためいい販売店を見つける必要があります。

その基準としてはまずお店の店頭の清潔感を確認するということがあります。店頭が清潔であれば、お店がお客さんの視線を気にしているということになりますので、お店のお客さんに対する親切さがうかがえます。

またお店の店員さんに質問することで、そのお店の知識の程度や対応の誠実さなどを測ることができますので、それで信頼できるお店を測ることができます。こういったことを参考にすれば、悪質な車を購入してしまう可能性が格段に下がります。

Copyright© 2014中古車オークションで必要な注意点を知りましょう All Rights Reserved.