メインイメージ

中古車の返金

オークションで購入した中古車の返金


中古車を購入するというのは、新車を購入するよりも負担が少なくて済みますしものによっては大した傷や故障もないのにモデルチェンジしたという理由から安くなっている中古車もあります。車種や年式にあまりこだわりがなく乗れればそれでいいという方であれば、新車でなく中古車を選ぶということも当然の選択肢となってきます。しかし中古車を購入するというときには注意しなければならないことがあります。それは絶対に傷や故障といったものが全くないという可能性がゼロになることはないということです。そのため傷や故障のある車を知らずに購入してしまったからとって、基本的に返品を行うことはできないことになります。

オークションではその事情が異なりません。オークションでは基本的に遠隔地にいる者同士が契約を行いますので、その情報のやり取りには十分に注意をしなければなりません。たとえばオークションで中古車の画像と文章しか送ってこないような販売者には注意をするべきでしょう。中古車の販売を行う際には整備手帳を公開し、その車が起こした事故についての記録を確かめたり、整備・修理の記録を行ったりしていくことが必要となります。

オークションにおいては中古車であることを見越したうえでの取引がなされているので、基本的にノークレーム・ノーリターンとなっているところが多いです。これを認めてしまうオークションで競りをお子おナウというシステム自体が損なわれるためです。そのため返金はしてくれない場合が多いです。

それに対して販売店で購入した場合には、クーリングオフが聞くことが通常ですので返金に応じてくれることが多いです。しかしクーリングオフは遠隔地にいるときのみの適用ですので、直接購入した時には適用されません。その代わりにお店では6か月保障などを定め購入後一定期間の間のこしょうであれば無料で修理を行うということを約束するところが多いです。

しかしお店によってはこういった扱いをしてくれないところもあります。悪徳業者であればこういったことは全く認めていません。そういったお店を見つけるには、まず店頭の清潔感について確かめるべきです。店頭が清潔であればお店がお客をどのように考えているのかがある程度わかります。さらに店員さんに質問をすることで、そのお店の持っている知識や対応の誠実さがわかりますので、信頼できるお店がわかります。
このようにしていい中古車を手に入れることができます。

Copyright© 2014中古車オークションで必要な注意点を知りましょう All Rights Reserved.